PLDDは椎間板ヘルニアを治す治療法|傷跡が残らない快適治療

腰を痛めないために

男性

腰の痛みを軽減する方法

腰痛を改善するためには、運動が必要不可欠です。そもそも腰痛は、腰を支える骨筋肉の異常が原因なので、しっかり身体を動かすことが重要なのです。まず効果的な運動にウォーキングがあります。歩くことで、下半身の血液が心臓に押し戻され、その結果肺や心臓の機能を活性化させ、その結果全身に新鮮な栄養素がいきわたりやすくなります。ゆえに、腰痛の疲労物質が代謝で促され、腰痛が改善するというわけです。その際に、ただ歩くのではなくて、しっかり背筋を伸ばし、十分な酸素を取り込みながら行うことが重要です。そうすることで、心肺機能を活性化させ、肥満の解消にもつながります。また、ウォーキングをする際は専用の靴を使うことで歩きやすくなります。

普段の生活で注意すること

そして、腰痛のリスクは主婦の方に多いです。とくに、主婦の方は、家事において無意識に前かがみになったりすることが多いので、腰痛改善のためには普段からの注意や工夫が必要になります。対策としては、たとえば洗濯物だったら台の上において干すなり、アイロンがけだったらアイロン台を使用するなりして、背中をまるめないようにする工夫をすることが重要です。また、太った人も、その姿勢自体が腰痛を引き寄せている場合が多いようです。お腹を突き出した姿勢が、背中のカーブを作り、椎間板に負担をかけてしまうのです。この場合は、肥満を支えるための筋肉が必要になってくるのですが、それがない場合は適度な運動を意識し、食事にも注意してダイエットをすることが改善の近道になります。