PLDDは椎間板ヘルニアを治す治療法|傷跡が残らない快適治療

痛みから解放されるために

メンズ

慢性な人もあきらめない

何かをした瞬間に腰の筋肉を痛めたり、ぎっくり腰になることがあります。そんなときはシップを張ったりして安静にしていると数日から数週間で改善します。しかしいわゆる腰痛もちになると慢性的な痛みがあり少しのことで腰痛を起こしてしまいます。時には朝起きることができないほどの痛みがある人もおられます。慢性的な腰痛を持っている人は持病だから仕方がないとあきらめている人も多くなっています。しかしあきらめている人でも改善することはできるのです。腰痛があって病院で検査をしても異常なしと言われてしまう人もおられます。レントゲンで異常がなくても痛みがあります。そんな人でも改善することができます。腰痛体操や姿勢の改善です。

いろいろな治し方

病院などで紹介されている体操が一般的です。腰痛で病院に行ったときなど教えてもらうことができます。主にストレッチで腰周辺の筋肉を緩めることや鍛えることが目的です。姿勢の悪さからくる腰痛もあります。腰を反るような姿勢であったり猫背の人は腰に負担がかかりすぎているので痛めやすくなります。足の重心の位置を真ん中にして頭をまっすぐ肩の上に置くような感じで立っているときや座っているときにします。そうすると負担がなくなり痛みが軽くなります。それだけでなく脳の誤作動による腰痛もあります。ストレスや緊張でいつも痛みを脳が感じてしまっているのです。認知行動療法を取り入れた病院で治療することで痛みから解放されることがあります。