PLDDは椎間板ヘルニアを治す治療法|傷跡が残らない快適治療

病院の治療と習慣の見直し

窓

痛みを軽減する方法

腰痛は、一定の年齢以上から感じてしまう症状で、男性よりも女性に多い傾向があります。人によって痛みの症状や原因はさまざまで、これを改善していくにはまずは治療を受けていくことになります。腰痛の治療は内科や整形外科などで行われ、いろいろな治療法から、症状にあった方法を受けていく流れです。この腰痛が改善できる具体的な治療には、状態を安静にさせることや、コルセットなどを腰回りに装着して痛みを軽減する方法があります。また、改善につながあるブロックやステロイドの注射や、体を温めたり低周波を使っていく方法も行われています。こういったいろいろな方法をいくつか受けていくことにより、次第に痛みも軽減されるようになります。腰痛の原因が椎間板の異常にあるのならば、手術も必要になってきます。そして、病院の方からも、普段からできる生活での取り組みで改善が促されます。生活習慣が原因となっていることもあるので、これらを見直さなければ腰痛も完全には改善されません。

意識した習慣が大きな効果

腰痛の原因には、体をあまり動かしていないことがその1つです。また、同じような原因で肥満であることもそうで、筋肉量が減少して、体重で腰の負担がかかることから起こりやすくなります。女性は筋肉量も少なく、皮下脂肪も多いために患者数が男性よりも目立ってしまいます。このことから、体を積極的に動かしていくようにし、肥満にも気を付けていくことです。高齢者で日頃から体をよく動かす人は、腰痛を感じたことがないという人も多いです。体を動かすには定期的な運動が効果的で、家で簡単にできるストレッチもおすすめです。病院ではこういった運動習慣を指導しているので、無理なく徐々に行っていけば習慣になっていきます。腰痛を感じてしまうと行動に制限が出てしまうため、将来的なことを考えると健康的とは言い難いです。日ごろからできる改善を行いながら、治療に専念していくことが一番の方法です。