PLDDは椎間板ヘルニアを治す治療法|傷跡が残らない快適治療

腰を痛めないために

男性

腰痛改善のためには、普段からの運動や生活習慣を見直す必要があります。運動においては、ウォーキングをすることで全身の代謝をよくして疲労物質を軽減してくれます。また、主婦の方は家事で前かがみになることが多いので、少しでも姿勢を崩さない工夫を日常生活に取り入れることが大事です。

もっと読む

椎間板ヘルニアの新手術

女性

日帰り手術可能

PLDDとは経皮的レーザー椎間板減圧術のことです。椎間板ヘルニアは背骨の椎骨と椎骨の間にある椎間板が押し出されてはみ出し、神経根を圧迫して痛む状態です。これまでの椎間板ヘルニアの手術であれば、手術を受け、その後のリハビリテーションとあわせると数週間の入院が必要でした。また、手術跡が大きく目立ってしまうという問題もありました。しかし、PLDDははみ出た椎間板をレーザーによって引っ込める手術です。手術といっても背中から針を通してレーザーを照射するので、傷跡はほとんど残りません。さらに、状態によっては日帰りの手術も可能であることから、忙しい現役世代や傷跡が気になる若い女性などにはメリットの大きい手術です。

傷跡がほとんど残らない

PLDDは、特に初期の段階の椎間板ヘルニアには効果が大きいと言われています。椎間板ヘルニアにはこれまで理学療法、ブロック療法、従来のような手術療法がありました。PLDDはそこに新しく加わった選択肢のひとつです。具体的には、局所麻酔をほどこし、X線で患部を見ながら脊柱管に針を刺しそれを通してレーザーを照射し、椎間板の中にわずかな空洞をつくります。その部分を埋めようとはみ出ていた椎間板が引っ込み、それによって神経根を圧迫していた部分が無くなるのです。PLDDはこのようなメカニズムでおこなわれるため、出血がほとんどなく、治療時間が短時間ですむ、患者の負担が少ない治療法です。PLDDを導入している医療機関がは増加傾向にあるので、お住まいの地域にある医療機関が導入しているか調べてみましょう。

病院の治療と習慣の見直し

窓

腰痛は、軽い症状からひどい症状など人によってさまざまですが、腰に負担を感じてしまうことは変わりありません。この痛みを改善していくには病院で治療を受けていくことが一番で、それと同じように生活習慣を見直していくことも大事です。日頃から簡単に行える習慣で、改善に向けて努力していけば楽な状態に近づけます。

もっと読む

痛みから解放されるために

メンズ

腰痛で悩んでいる人が多いです。慢性的な人は治すことをあきらめているかもしれません。しかし腰痛体操や姿勢の改善、新しい方法の認知行動療法で痛みから解放されます。今ある腰痛を治してみてみてはいかがでしょう。

もっと読む